1. 外車バトンTOP
  2. バトンブログ
  3. 車の一括査定はやめたほうがいい?一括査定の注意点と単独査定との違い
バトンブログ

車の一括査定はやめたほうがいい?一括査定の注意点と単独査定との違い

2024-4-23

車の売却をする際、少しでも高額で買取をしたいのは誰でも同じですよね。
その際、複数見積りの中から高額査定がついた業者を選ぶため、一括査定(比較見積)サイトの利用を検討する方も多いでしょう。
また、今の自分の車の買取相場を知りたいために利用する方もいるかもしれません。

一括査定のサービスは1度で複数社に問い合わせることができるのがメリットである分、実際に買取業者とやりとりをするのはほとんどは売却者本人。
問い合わせをするとすぐに何社からも電話がかかってきて、その電話対応に追われるといった状況になります。
そのほか想定していなかった煩雑さや予想外の査定額に、ネット上では「車の一括査定はやめたほうがいい」というフレーズもちらほら見られます。

この記事では、それ以外にも一括査定のデメリットや注意点、また一社見積もりの単独査定との違いなどを解説します。 これらのサービスの内容や特徴を理解したうえで、自分にはどちらの買取方法が向いているか検討してはいかがでしょうか。

一括査定とは

「車の一括査定」とは、売却したい車の車種や年式、走行距離などの情報と、オーナーの個人情報を一度入力するだけで、提携している複数の買取業者に査定依頼ができるサービスのことです。

複数の買取業者の店舗に足を運んだり、個別に出張査定を依頼したりする必要がなく、ネット上で車の状態を入力するだけで査定依頼が完結します。
その利便性から現在多くのユーザーに利用されています。

一括査定の申し込みが完了すると、大抵すぐに複数の買取業者から電話がかかってきて、大まかな査定金額が提示されます。

このサービスのメリットは、さまざまな買取業者の査定金額を比較できるところにあります。
価格交渉が得意な人であれば、「他社はこの金額を提示しています」と伝えることで、より高値での買い取りを交渉することができるでしょう。

一括査定の流れ

それでは、実際に車の一括査定の申し込みをした場合の流れを見ていきましょう。

①査定依頼を行う

車の一括査定サイトのフォームから、売却したい車の情報(車種・モデル・年式・走行距離など)と、連絡先などオーナーの個人情報を入力・送信をします。

②買取業者から連絡が来る

送信が完了すると、たいていはすぐに買取業者から電話またはメールがきます。そして買取業者は入力した情報をもとに、おおまかな査定金額が提示してきます。
正確な買取金額を聞きたい場合は、出張査定を依頼して算出してもらいます。

③出張査定で見積金額が提示される

出張査定では、買取業者が実際に車を見て査定を行います。
車種・グレード・型式・年式・走行距離・オプションの有無などの基本情報や、傷やへこみ、修復歴、エンジンの異音、チェックランプ、シートやハンドルの状態、タバコやペットのニオイなどさまざまなポイントを詳しくチェックします。
チェックの結果から正確な見積金額が提示されます。

④売買契約を締結する

複数の買取業者の見積金額や担当者の対応などを比較したうえで、売却する買取業者を決定し売買契約を結びます。
売却時には、自動車検査証自動車納税証明書自動車リサイクル券自動車納税証明書といった書類のほか、印鑑登録証明書を準備して売買手続きを行います。
車を引き渡し、買取業者からの入金が確認できたら車の売却は完了です。

一括査定のデメリット

車の一括査定は一見便利なサービスに見えますが、ネットでは「一括査定はやめたほうがいい」というマイナスの意見も散見されます。

それはどういった点に問題があるのでしょうか。以下に実際にあった事例をもとにデメリットをご紹介します。

しつこく営業電話がかかってくることがある

一括査定の申し込みを行うと、たいていはすぐに買取業者から電話がかかってきます。また、その電話を切ってもすぐに別の業者からかかってきます。
これは、お客様の多くが最初に電話をかけてきた買取業者に車を売却することが多いため、少しでも早くお客様と接触したいからです。

さらに「今すぐ売却したほうがお得ですよ」「当社で売却するのが一番お得ですよ」と、何度も電話をかけてきて強引に売却を勧められることもあります。

とりあえず買取相場を聞いてみたい」と気軽に査定申し込みをすると、しつこい電話で時間をとられたり、強引な接客に悩まされるということもあります。

複数の買取業者とのやりとりが煩雑

一括査定サイトから査定申し込みを行うと、査定の依頼自体は1回の入力のみで簡単に完了します。
しかし、これはあくまで複数の買取業者への申し込みを一回で済ませることができるだけで、申し込んだ後の各買取業者への対応は、基本的にすべて自分で行う必要があります。

申込後、買取業者からの電話対応・出張査定の日程調整・立ち会い・商談について、複数の業者に対して自分で対応しなくてはなりません。
何社に見積もりを依頼するかにもよりますが、これらの一連の流れを複数の買取業者と行うのは、多くの手間と時間を要するでしょう。

複数の買取業者に個人情報が流出する

査定依頼の申し込みにあたっては、電話番号とメールアドレスの入力は必須です。
買取業者にとっては、できるだけ早く申込者と連絡をとりたいため、特に電話番号はかかせません。
居住地によっては、その地域の担当営業マンが連絡をするため、住所の入力が必須のところもあるかもしれません。

これらの情報はもちろん個人情報にあたりますが、その個人情報がどこまで共有されるのかはそれぞれの業者で異なります。

また、「大まかな査定金額を知りたいだけなのに、多くの買取業者に個人情報が知れ渡ることには抵抗がある」という方も多いのではないでしょうか。

買取業者間で談合される場合も

複数の買取業者に別の日時に査定に来てもらうと、かなりの手間と時間を要するため、すべての買取業者を同時に呼んで商談をする方もいます。
複数の買取事業者を競わせると、一見高値で車の売却ができるように思えますが、実際にはそうではない場合もあります。

一括査定サイトと提携している買取業者はある程度決まっているため、同一地域の査定では毎回同じ買取業者の担当者と顔を合わせる、なんてことも多いそう。
買取業者はなるべく安く買い取りたいため、裏で「今回の申込者はA社に譲るので、次回は当社に買い取らせてください」などと、口裏合わせをしている(談合)ということも実際にあるのです。

結果、比較することで高値で売却するつもりが、実際には安値で買い取られてしまうという可能性もあります。

一括査定の注意点

先述した車の一括査定のデメリットを踏まえたうえで、実際に一括査定を利用する場合の注意点を抑えていきましょう。

車の売却を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

時間に余裕がない時は利用しない

査定申し込みを行うと、複数の買取業者から遅くとも翌日までに一斉に電話で連絡が来ます。
そのため、仕事や用事がある時に申し込んでしまうと着信が続くこととなり、ストレスを感じてしまう可能性があります。

一括査定の申し込みは時間に余裕のある週末や、休みの日に行うようにしましょう。

納得のいかない契約は結ばない

買取業者はどうにして売却してもらいため、出張査定日を無理やり決められたり強引に話をすすめる営業マンもいます。
車の売却に慣れているという人は多くはないと思います。慣れない雰囲気の中では査定金額に納得がいっていないものの、押しに負けて売買契約を結んでしまうケースもあります。

しつこく営業され、半ば強引に売買契約を結ばされたというケースであれば、国民生活センターや地域の消費生活センターへの相談も検討しましょう。

契約締結後に査定額を厳格される危険性も

査定金額に納得し、売買契約を結んだ後に「車の不具合が見つかった」などと買取業者から連絡が入り、あとから査定額が減額となるトラブルもあります。
なかには、自社で契約を結んでもらうために高額な査定額を提示し、後から不具合などを理由に査定金額を下げようとする買取業者もゼロではありません。

一括査定を依頼したオーナーとしては、「それなら違う買取業者に売却したのに!」と不満に思うでしょう。

このようなトラブルを避けるために、不具合や故障、キズ・へこみなど、自信で把握している減額対象となりうる箇所は、出張査定時に必ず買取業者に自己申告し確認してもらいましょう。

契約後のキャンセルは、高額なキャンセル料が発生する恐れあり

すでに買取業者と契約した後、別の買取業者から上乗せの査定額を提示されたため、そちらに売却をしたいと思うこともあるでしょう。
しかし、そういったケースも必ず先の契約をキャンセルしてから、別の買取業者との契約をするようにしましょう。
二重契約をしてしまった場合、法的な責任を追及されてしまう恐れもあります。

しかし、書面で売買契約を交わした後のキャンセルは、すでに買い手が決まっている場合もあり、キャンセルできない可能性があります。
また、キャンセルできたとしても、高額なキャンセル料や違約金が発生する場合もあります。

ただし、キャンセル料や違約金については、消費者契約法第9条1号にて「買取業者側に生じる平均的な損害額を超える部分については無効」と定められており、買取業者は、キャンセルによって生じる損害額以上の金額を請求することはできないと定められています。

もし、キャンセル料があまりに高額だと感じた場合は、買取業者に対してキャンセル料の内訳を確認し、不当な請求についてははっきりと断るようにしましょう。

単独査定というサービスも検討

車の一括査定のデメリットや注意点を見ていきました。それに対し、単独査定というサービスもあります。
1社だけって、その業者の言い値になってしまって査定額は低いのでは?」と思われるかもしれません。
しかし、実際にはその1社が複数業者の仲介を行っていたり、すでに高額の買取先と提携していたり業者オークションへの販売ルートを持っているというのが概ねです。

申し込みをするのは1社だけなので、複数社からのしつこい電話やそれぞれの業者と直接やりとりをする必要がなく、オーナー様の手を煩わせることがないのがメリットです。

個人情報の流出を懸念する方にも、情報漏洩のリスクが軽減されるのでおすすめです。

「外車バトン」なら単独査定で安心!

「外車バトン」は単独査定なので、複数の買取業者からの電話に悩まされることはなく、公式サイトのフォームLINEからお気軽に査定をお申し込みいただけます。

もちろん大切な個人情報も、弊社以外に流出する危険性はありません。

また、「外車バトン」では、車種や年式・走行距離などの車の基本スペックだけで査定金額を決めません。
通常の買取サービスでは見逃しがちな、希少車や限定モデル、カスタムパーツ等も外車専門の買取スタッフが細かくチェックします。
だから車に対するこだわりや愛情がプラス査定となって高額買取に繋がります。

また買い取ったお車の販売先も、ニーズに応じて高額買取が可能な独自ルートをいくつも確立しているので、お客様の買取価格にも自信をもってお応えできます。

一括査定で起こり得る「納得のいかない査定金額なのに、強引な営業で契約してしまう」といったトラブルは一切なく、お客様がご納得されるよう評価の内訳をしっかりご説明いたします。

外車オーナー様は愛車への思い入れが人一倍強い方が多いかと思われます。だからこそ、正当な評価を受けることができる外車専門の買取サービスがおすすめなのです。
思い出深い外車を手放す際は、安心の単独査定の「外車バトン」をぜひご検討ください!

【自動車保険】オーナータイプ別のおすすめ保険プラン

スポンサーリンク

アナタの外車を査定させてください!

いつでもどこでもPC・スマホから、お車の査定依頼ができます メールで査定依頼する スマホで簡単!LINEからお車の査定依頼もできます LINEで査定依頼する